梅雨明けの7月23日(日)<婚活バスツアー 源氏物語ゆかりの宇治ツアー>を男性22名対女性19名で開催しました。
20代後半~40代の参加者で名古屋駅前を8:00に出発し、曇り空のした京都宇治東山を訪れました。
バス車内では女性は窓側に男性は通路側にお座りいただきました。プロフィールカードを交換しての1対1トークで車内は多いに盛り上がり…宇治での恋物語を期待し話を弾ませ復路のメッセージカードの交換タイムまでコミュニケーションをお取りいただきました。

最初は源氏物語ミュージアム見学。4~6名の男女グループになり、涼しい館内でドラマ仕立ての展示、映像、ショッピングをお楽しみいただきました。
恋をテーマにしたミュージアムだけに、皆さんの心に恋の火がつくべく…熱心に見学されていました。


その後グループを組み直し、世界文化遺産であり世界一古い本殿で有名な宇治上神社まで200Mのウォーキング。縁結びでも定評ある神社…境内にはオリジナルのご利益グッズ(祈願手形など)あり、地下水なのか冷たく気持ち良い手洗い水があったりと話題性豊かな神社でした。…恋の成就願う参拝だけでは飽き足らず…恋の成就をより確かに祈願するべくご朱印をお受けになる方が多くいらっしゃいました。

お昼にさしかかり、宇治川河畔にある喜撰茶屋という観光施設で昼食タイム。
ここでは男女が交互になるよう着席し、会話で盛り上がるなか夏の京料理さわらび御膳を味わっていただきました。
食後に1Fのお土産コーナーでショッピングを楽しんだり、名物の抹茶ソフトクリームを食べあうグループも見られました。

食後は再びグループを組み直し、宇治平等院鳳凰堂及びミュージアムを見学。
数年前に赤茶色に塗り直された鳳凰堂は一段と風格を増し、この世の極楽浄土と評される程。 西陽(にしび)を受け輝く屋根上の鳳凰は圧巻です。
ミュージアム館内には、様々な平等院にまつわる展示品が飾られ、ショップもあり、思い思いに見学されました。
暑い夏だけにミュージアム館内は冷房が効き、外に出たくなるほどの快適空間でした。

その後、ショッピングエリア表参道商店街にある上林三入というお茶屋さんで抹茶体験。2Fのお茶博物館で説明を受けた後、3Fの体験コーナーに移動し、自分で臼を引きお茶をたてたしなむ…ここでも男女交互に着席しお茶の作法(茶道)を師匠のご指導を受け体感していただきました。よほど抹茶が美味しかったのか…1Fのショップでお茶を購入するグループが多かったです。
お店を出た後は、表参道商店街(お茶屋・土産屋が並ぶ)で30分ほど時間をとりフリータイム…これは好評でした。

宇治を満喫しバスは帰路の途につき車内では後半の1対1トークをリスタート、異性の方全員とコミュニケーションを終えた後、メッセージカードの交換を実施。最初は男性から女性宛へメッセージカードを渡し、次に女性から男性にメッセージカードを渡すスタイルで今日(京)の思いを異性に伝えます。
バスは大きな渋滞もなく順調に高速道を走り、明るいうちに名古屋駅に到着。
スタッフとして「恋の花が向日葵のように‥大きく咲きますよう…」と夏空に祈るばかりでした。