2015年6月14日(日)男22名、女19名の大入りにて、毎回大好評の京都散策ツアーを行いました。男女とも30代前半~40代前半の参加者で名古屋駅前を8時ごろに出発し、賑やかな雰囲気の中始まりました。

梅雨の季節なのでお天気が心配でしたが、傘の心配もなく絶好のお見合いツアー日和のいいお天気となりました。
快適な車内で、女性は窓側、男性は通路側に座って隣の異性とプロフィールカードを交換して1対1トークがスタート。旅への期待感やら、お互いの自己紹介、トークテーマをヒントに会話を弾ませ、男性が約10分ごとに順次座席移動し、帰路の御在所SAでのアプローチカードの交換タイムまで全員の方とトークしてコミュニケーションをおとり頂きました。
2015-06-14nagoya-kyoto-bus

渋滞もなく順調にバスは京都に到着。早起きして集合していただいたのでお腹もすいてきた頃、11:30に早めの昼食。
今回昼食会場をご用意させていただきました場所は、「ブライトンシティ京都山科」。
JR山科駅に直結のおしゃれなシティーホテルで、そのハイセンスなレストランは上質な味を提供するレストランとして、京都マダムにも人気のスポット。男女向かい合ってのお食事は、イタリアン系のお料理中心にカレーやパンなどビュッフェスタイルでの食べ放題。驚いたのはメインディッシュとして一人一皿、初夏の涼しげなお皿に盛り付けられたおいしい牛ステーキが提供され、皆さん大喜び。さすが洗練されたシェフがいるレストラン。お腹も心も満足感で一杯となり、皆さんいきなりテンションが上がりました。
2015-06-14nagoya-kyoto-lunch

さて、次に訪れたのは有名な「国宝銀閣寺」。今回も4~5人の男女混合グループで行動。見事な庭園などを見学しながら会話を楽しみ、いにしえの先人たちの侘びさびの世界観、室町時代の足利義政公の遠い歴史を感じながら皆さんの距離感はグッと縮まって近くなった気がしました。

そして銀閣寺を出て再集合し、再度くじ引きをして別の4~5人の男女グループを結成していよいよ「哲学の道」に入ります。川沿いの遊歩道の哲学の道は、京都らしさの残る風情ある雰囲気。木陰で空気もいいので気持ちよく歩きながら会話を楽しめます。
そして哲学の道から「法然院」に入り、ここでもグループ行動。お札やお守りを買って縁結び祈願の参加者さんもあり、グループごとに楽しみ方もそれぞれでした。



時間とともに少し暑くなって汗をかきながらの散策から、次なる目的地の「生地から作る八つ橋作り」体験会場へ。
男女交互の席に着いた参加者さんは、お店のスタッフの丁寧な説明の後、三種類の味の八つ橋作りにトライ!
さすがに初めての方ばかりなので、慣れない手つきでしたが、グループ内でアドバイスや協力をしながら一人一人完成!
自分で作った八つ橋はお土産に。
こうした共通のことをやり遂げることで、一気にコミニケーションができ会話もはずみ、ペアで意気投合し始めてる方々も多くなってきました。スタッフの方のご指導も丁寧で皆さん見事な出来栄えに満足。「ありがとうございました~」と会場をあとにしました。
2015-06-14nagoya-kyoto-yatsuhashi-taiken1
2015-06-14nagoya-kyoto-yatsuhashi-taiken2

次に訪れたのは、観光バスが押し寄せる京都最大級のお土産スポットの「井筒八ッ橋本舗京都東インター店」。ここでは、たくさんのお土産が揃っており試食も充実。京都の旅、友人知人親類へのお土産をすでに和気合い合いの皆さんが男女交えて、あれこれと食べ放題の試食でコミニケーションとりながら品定め。いいお土産ができました。

このころには参加者さんは、大変雰囲気もよくカップル誕生の予感。ワクワク。
また男性同士女性同士でもこのツアーでお友達になった方も多かったようです。

全ての観光を終えバスは帰路の途につき、御在所SAまで1対1トークを楽しみました。
SA到着後は、さあ~いよいよアプローチカードの交換タイム!
最初は男性からメッセージカードを意中の人(複数)にスタッフ経由で女性に渡し、次に女性から男性宛のアプローチカードをスタッフに出していただきました。こちらのカードは、後ほどお渡ししますので、その間ドキドキワクワク。
SA出発後は、本日一日お疲れ様…ということで男女別に席に座りゆっくりくつろぐうちに、名古屋駅に到着。
男性には、先ほど女性から預かりましたメッセージカードを手渡し、盛り上がったツアーは無事めでたくお開き。

楽しかった~!また参加したい!などなど参加者さんから多数ありがたいお言葉もかけていただきました。今回も女性から積極的にアプローチカードが多数出て、全体としていい雰囲気の楽しいツアーとなりました。

このツアーをきっかけにカップルになられた方、たとえカップルになれなくても今回のツアーでお友達になられるご縁をお手伝いできたのであれば幸いです。